まずは知ろう!風俗について

この記事をシェアする

仕事は二種類に分かれます

一つ目は、業種です。主に6種類に分かれます。
デリヘル、ソープランド、オナクラ、エステ、ピンサロ、イメクラなどです。
ホステスの仕事はデリヘルと大して変わらないのでここでは省きます。

では、それぞれの違いは「基本プレイ」です。基本プレイとは、風俗店ごとにキャストに義務付けられているプレイを言います。風俗店を利用するお客さんは基本料金を支払ってこの基本プレイを受ける仕組みになっています。この基本プレイの中にキャスト自身がそうしても無理なものがある場合はお店と相談して見直してもらうことができるそうです。この業種ごとでする基本プレイがやることが多くなったり、時間が長くなったりするとそれだけキャストは稼げるんですね。

その他の仕事

二つ目は、「オプション」です。
いわゆる追加料金を支払って受けることができるサービスです。オプションは業種が同じでもお店ごとに異なります。同じような店でもオプションが変わってくれば個性が生まれます。
また、このオプションはキャスト自身がNGを出すこともできます。やりたくないことをしなくてもいいということですね。それぞれのお店で相談して可能なオプションをキャストが選ぶことができます。
そして、これはいわゆる風俗嬢のおもてなしのようなものともいわれます。
各風俗店で人気の高い人はこのオプションが充実していることが多いようです。よって、このオプションが豊富かつ人気が出る人ほど稼いでいるということになります。