風俗店での様々なトラブル

この記事をシェアする

不安定さは全職業トップクラス

月収をみてすぐにこの業界に飛びつき、涙していった方がかなり多くいます。自分はかなり素材がいい方だと思うしいける!と思っている人ほど簡単にこの沼にはまってしまいます。最初の方はかなり稼げる人が多いかもしれませんが、この職に就いた人は大体30代を過ぎたあたりから徐々に仕事が減っていきます。ありえないと思っている人がほとんどこうなっているそうです。最終的にはお店にお払い箱にされることも多いようですから、私個人としてはあまりお勧めできる職業ではありませんね。
無理にオプションを増やしても体をただ壊すだけですし、何より不安定であるというのは職業としては一般的観点からみてもいい職とは言えません。
自分のこれからの生活をしっかり考えて決めて頂きたいと思います。

まさに沼なこの仕事

不安定であることは先ほど散々説明しましたが、なんとこの職に就いた人たちはこの種類の仕事をやめられなくなるそうです。麻薬か!って感じですよね。30代からだんだん人気のなくなってきた人たちは流されるように熟女の専門店などに行ってしまったりもするそうです。
その理由としては、風俗店に勤める女性たちは基本家族内に何らかの事情を抱えた人が多く、貧困を極めてしまっているからだそうです。また、風俗店には住居やシングルマザーのための託児所を併設していることがあり、どうしても離れられないからだそうです。このようなケースが珍しくありません。
しかし、最後になんですが、複雑な家庭事情に悩む女性たちにとっては風俗は努力次第では高所得層に仲間入りできるチャンスがあり、大きな働き口であることも確かなのです。